• トップ
  • 神保町花月とは?
  • チケット購入方法
  • 劇場案内
  • 本公演
  • 2019ラインナップ
  • 神保町花月バラエティライブ
  • 神保町花月10周年
  • 楽屋裏ブログ
  • お問合わせ
  • スタッフ募集
twitter

ゴウスト。。。

  • 9月13日(金)~9月15日(日)
  • 20190808193009-80e4ce9da06144a81a2ee1efc76ae1b6d78c3f47.jpg

    20190808193012-66cafb4b6b2486ce4a2dcbb83fe0e77142e016fd.jpg

    先行発売:7月25日(木)11:00~
    一般発売:8月1日(木)10:00~

  • 脚本:丸山智子
    演出:足立拓也(マシンガンデニーロ)
  • ヒラノショウダイ、塚田裕輝(ブラゴーリ)、小名木健(ドラミング)、大島誠也(せみほたる)、石井航平(シドニー)、枝村明子、石橋素直(官兵衛)、ASHiNA、ながのやすあき(ミシェル)、阿比留達也、田中六文銭、山田賢太郎(オルビア)
  • 小説家を目指す青年の前に現れたのは夏目漱石、芥川龍之介、太宰治のゴウスト。
    三人は青年に指南を買って出るが…。
    文豪たちの意地とプライド、ワガママが炸裂する締め切り前夜の物語。
  • 前売2,500円/当日3,000円
  • 開演 13日(金) 14日(土) 15日(日)
    14:00
    17:00
    19:00

河童の水際

  • 9月20日(金)~9月22日(日)
  • 20190724222034-673de3d98364daa569536e0fe1c26da8201faed1.jpg

    一般発売:8月1日(木)10:00~

    追加キャスト第二弾 決定!(0731)

    岸野佳乃子

    追加キャスト第一弾 決定!(0729)

    安部光希

    朝川優(Gahornz)

    大串潤也

  • 脚本・演出:浅野泰徳(Jungle Bell Theater)
  • 安部光希、宮原靖菜、シューレスジョー、にちょうぎロングビーチ、イチキップリン、パンプキンズまりこ、朝川優(Gahornz)、岸野佳乃子、大串潤也、小野澤慶太(橙感)、河井芳憲(橙感)、松宮かんな
  • 刑務所で服役中の鮎川清太には、昔、一緒に住んでいた祖母に きつくあたって別れたという心残りがあった。 そんな折、刑務所で見たニュースで、祖母の暮らす村がもうじき ダムの底に沈むと知る。 二人の囚人に「お金を隠している」と嘘をつき、 ともに脱獄した清太が、懐かしい村の懐かしい家で出会うのは、 祖母ではなかった…… 半日後には、ダムの放水が始まるという晩に、 一軒の民家で巻き起こる、ちょっぴり切ないコメディー。
  • 全席指定 前売3,000円/当日3,500円
  • 開演 20日(金) 21日(土) 22日(日)
    14:00
    18:00
    19:00

三十と十五の私

  • 9月26日(木)~9月30日(月)
  • 一般発売:8月1日(木)10時~

    20190726153722-159e48bd9f0e3cda3419df7b7e2f14a8483182d3.jpg

  • 脚本・演出:梨澤慧以子(張ち切れパンダ)
  • 世間知らズ、ボーイフレンド、スパイク、かとまゆ、薩川朋子(張ち切れパンダ)、中島愛子(張ち切れパンダ)/三木美加子、竹若元博(バッファロー吾郎)
  • 十五の私は選択をした。それが正しいと思ったから。 あの時、私の半分の歳になる命を選んでいたら、私はこんなにカラッポな人間じゃなかったのかな 私、もっと幸せだったのかな 私という女性の人生を振り返り「たら、れば」を描く。 何処か痛々しく、切ない女性のヒューマンストーリー
  • 前売3,000円/当日3,500円
  • 開演 26日(木) 27日(金) 28日(土) 29日(日) 30日(月)
    14:00
    18:00
    19:00

宇宙でクロール・令

  • 10月3日(木)~10月6日(日)
  • 20190908165140-aa3847c51a65385320a287e23cb2d934649d1162.jpg

  • 脚本:冨田雄大
    演出:成島秀和(こゆび侍)
  • 石田隼、金成公信(ギンナナ)、ピクニック、光永、松本勇馬(スカイサーキット)、小名木健、天龍、川端武志(コロウカン)、久川みみ子、福永成一郎、ミカちん、倉田あみ
  • 心臓が一定回数動くと死に至る病(通称:時限爆弾病)を患い余命半年となった男
    男は最後の半年を穏やかに過ごすために離島の病院へ
    そこで、男は不老不死の病の疑惑がある男と出会う
    何もかもが正反対な男たちは争いを繰り返し
    やがて、どちらが男として優れているか勝負することに
    ところで、男としてどちらが優れているかをどうやって決めるの?
    喧嘩? 勉強? 経済力? ルックス? ゲーム? ダンス? 歌?
    全ての理屈を飛び越えて、死ぬ男と生きる男の維持と意地がぶつかり合う

    男「生きるってなんだ?」
    男「ドキドキすることだ」
    男「だったら俺は死んでるわ」
    男「俺が生き返らせてやる」

    遠くの女は微笑んで、近くの女は踊ってる
    初めましての女は純粋な性欲
    周りの男たちはみんな何処か病んでいる

    男「あ・・今 ドキドキしてる」
  • 前売3,500円/当日4,000円
  • 開演 3日(木) 4日(金) 5日(土) 6日(日)
    14:00
    18:00
    19:30

贋作 陰獣

  • 10月11日(金)~10月13日(日)
  • 20190902161430-bf16e4a2d2da6435c0b7dc0a8f06d048791286cb.jpg

  • 脚本・演出:白坂英晃(はらぺこペンギン!)
  • 林大介(かたつむり)、ヒラノショウダイ、樽見ありがてぇ(ホープマンズ)、シューレスジョー、佐助、佐藤ピリオド.、エンドウコウキ、えりんぎ、バースデーこうだい、西本たける(スーパーサイズ・ミー)、マサルコ(不思議なタンバリン‼)、フルメタルマダム、綾野アリス、細川優、加藤ひろたか
  • それは昭和の時代に入ってまだ数年の頃。
    小山田静子は作家「大江春泥」から脅迫を受けていた。
    「着々君への復讐計画を進めて行く」
    彼女から相談を受けた探偵小説家の「寒川」は奇妙な点に気付く。
    そして、彼女のうなじにある赤い傷にも。
    「どうか、私を罰してください」

    愛と欲にまみれたこの騒動はやがて大きな事件へと変貌し、名探偵「明智小五郎」は解決に向けて動き出すこととなった。しかし…彼の背後にも「陰気なけもの」は確実に忍び寄っていた。

    贋作乱歩、いざ三度目の開幕へ。これは背徳の果ての物語である。
  • 前売3,000円/当日3,500円
  • 開演 11日(金) 12日(土) 13日(日)
    14:00
    18:00
    19:30