トップページに戻る

日曜日、すずは口笛を吹いた

映画紹介
鹿児島県奄美大島
日曜日、すずは口笛を吹いた
©2014「日曜日、すずは口笛を吹いた」製作委員会

予告ムービー

あらすじ

かつて奄美大島の人々は文字ではなく、言葉で成り立つ唄で語り、思いを伝えていた…。
そんな独特の文化・歴史を持ち、深い森と紺碧の海に囲まれた奄美大島で生まれ育ったすず(14)。
彼女は教育実習生の渡利先生に初めての感情を覚えた。機織りの音のようにドキドキと高鳴る胸。祖母はそんなすずを見て「恋をしてるんだね」という。
純真無垢だった一人の少女が、初恋を通じて成長していく姿を描く。ファンタジックラブストーリー。

地域解説

奄美大島は鹿児島県と沖縄県のほぼ中間に位置し、1市2町2村からなる人口約65,000人の島です。
東洋のガラパゴスと言われるほど自然豊かで、アマミノクロウサギやルリカケスなど多くの固有種が生息しています。近年は世界自然遺産への登録に向けて力を入れています。
また、大島紬や島唄、八月踊りなど古来より受け継がれてきた伝統が多く残っており、平瀬マンカイや諸鈍シバヤなど、国の重要無形文化財に指定されているモノもあります。

キャスト

白石南帆 葉山奨之 山口智充 元ちとせ 武田幸三 石田明(NON STYLE) 竹之内雄太(ビューティーメーカー) 湊ゆかり(ビューティーメーカー)

監督・作品データ

監督
古勝敦
製作(公開)年
2014年
コピーライト
2014「日曜日、すずは口笛を吹いた」製作委員会

2014年度作品一覧