トップページに戻る

« ホルモン女 | メイン | ユキモノガタリ »

一粒の種 ~真太陽の島の大合唱~

映画紹介
沖縄県宮古島市
一粒の種 ~真太陽の島の大合唱~
©2011宮古島映画「一粒の種」

予告ムービー

あらすじ

"一粒の種になりたい"“―ある末期患者の残した言葉をもとに、担当看護婦だった宮古島出身の高橋尚子さんと同郷のミュージシャン・下地勇さんがある曲を作った。
「一粒の種」―人間の生と死を綴ったその曲は、同じく宮古島出身の歌手、砂川恵理歌によって全国へ届けられ、大切な人を失った多くの人々の心に寄り添い広がっている。
沖縄県内で2年連続トップセールスを記録し、また宮古島出身の3人で紡がれたが故に、島の人々にとって大切な歌となりつつあるこの歌を、今回、砂川と島の人々が合唱することになった。合唱経験の有無に関係なく、お年寄りから子どもまで、実に336人が大集合。
「一粒の種」の何が人々の心を打つのか。合唱が完成する一日の人々を追う中で描いたドキュメント映画。

キャスト

砂川恵理歌 下地勇 高橋尚子 宮古島市民の皆さん

監督・作品データ

監督
青木亮
製作(公開)年
2011年
コピーライト
2011宮古島映画「一粒の種」

2011年度作品一覧