トップページに戻る

« 謝謝OSAKA | メイン | 一粒の種 ~真太陽の島の大合唱~ »

ホルモン女

映画紹介
岡山県津山市
ホルモン女
©2011『ホルモン女』製作委員会

予告ムービー

あらすじ

2005年、国体が開催される津山市役所では、選手たちをもてなす郷土料理の試食会が行われていた。しかしどれも幹部の反応はイマイチで、選定してきた観光課の刑部(河本準一)と坂井ひろこは、非難を浴びる。
「悔しい!」坂井ひろこは、お好み焼き屋で、酒を飲みながら愚痴っていた。と、男たちが変わった焼うどんを食べているのに気付く。それはホルモンを具材に作られた焼うどんであった。
津山では昔から食べられているというが、初めて見るひろこには信じ難く、油でギトギトしたホルモンの見た目が気持ち悪く食べる気にはなれなかった。しかし、この時の出会いが"津山ホルモンうどん"が全国に知れ渡る運命の第一歩になるのである…

キャスト

山下 リオ 増田 修一朗  坂本 純一(GAG少年楽団) 河本 準一(次長課長)

監督・作品データ

監督
遠藤光貴
製作(公開)年
2011年
コピーライト
2011『ホルモン女』製作委員会

2011年度作品一覧