沖縄おもろおばけ屋敷とは

沖縄三越百貨店は、1957年「大越百貨店」としてオープンし
1970年「沖縄三越」にリニューアルしました。
沖縄県民に愛されたシンボル的存在の百貨店でしたが
惜しまれつつ、2014年9月に閉店しました。

私たちが子供の頃、百貨店とは特別な存在でした。

家族みんなでおしゃれをして出かけ、
普段食べれないごちそうを食べたり、
いつもより高い買い物にドキドキしたり....と。

吉本興業は、百貨店として県民に愛された沖縄三越の
「ステキな百貨店であった記憶」と、
そのシチュエーションを大いに活用した、
まったく初めてのエンターテインメント施設をつくります。

恐怖・驚き・緊張・笑いを30分余りで体験していただき、
フィナーレでは、百貨店が楽しかった記憶を
鮮やかに思い返していただきます。

そうして皆さんの記憶のなかで、
沖縄三越がいつまでも
ステキな百貨店であってほしいという思いが込められております。


スタッフ

企画・演出
児玉明子(舞台の脚本・演出家)
菅 賢治(テレビプロデューサー)
企画・美術
増田寿子(オペラ・ミュージカル等の舞台美術家)
キャラクターデザイン
城間英樹
プロデューサー
木村祐一