• トップ
  • 神保町花月とは?
  • チケット購入方法
  • 劇場案内
  • 本公演
  • 神保町花月バラエティライブ
  • ゲキノビ!
  • 神保町花月10周年
  • 楽屋裏ブログ
  • お問合わせ
  • スタッフ募集
twitter

あなただけのミニシアター

  • 6月22日(金)~6月24日(日)
  • 20180516012253-9dc42cabf6d23b3751cbd17f275a62345e54c385.jpg

    追加出演者...堀内馬鹿祭、のどか、木俣祐介、村社貴弘、宮川たま子

  • 脚本:冨田雄大
    演出:山下哲也
  • LOVE、堀内馬鹿祭、ワラバランス、のどか、木俣祐介、村社貴弘、宮川たま子/安達健太郎
  • 必死に生きた平凡な夫婦の人生を上映するミニシアター。 お客様はただ一人。 子供だけ。 親の人生は子を救う。子の人生は誰救う?
  • 前売2,500円/当日3,000円
  • 開演 22日(金) 23日(土) 24日(日)
    14:00
    15:00
    17:00
    19:00

201号室のトラジコメディ

  • 6月29日(金)~7月1日(日)
  • 20180516012438-af7f4ff9879cc4381c8b508670ce7ffc3f3a5dc3.jpg追加出演者にTEAM BANANAが決定致しました!

    追加出演者にトリさんとパンダさんペコリーノが決定致しました!

    追加出演者に中澤本鮪(かたつむり)が決定致しました!

  • 脚本:丸山智子
    演出:足立拓也(マシンガンデニーロ)
  • テゴネハンバーグ、てつみち、中澤本鮪(かたつむり)、TEAM BANANA、キンミライ、トリさんとパンダさん、ペコリーノ
  • 転勤で東京を離れ、超がつくほどのド田舎に越して来た雅也。
    新居は築50年もするボロアパートの201号室。
    かなりテンションが下がる雅也だが、大家をはじめ、住人たちはいい人ばかり。
    ただ一人、隣の202号室の老人を除いては……。
    謎の老人の正体を突き止めたい雅也の周辺で不思議なことが次々と起こり、そして最後に待ち受けていたのは……。
  • 前売2,500円/当日3,000円
  • 開演 29日(金) 30日(土) 1日(日)
    14:00
    15:00
    17:00
    19:00

11周年記念公演 機械仕掛けのレジスタンス

  • 7月6日(金)~7月8日(日)
  • 20180611021820-8518cc0b7972878b5493dcaa107ce848626d8f36.jpg

  • 脚本:白坂英晃(はらぺこペンギン!)
    演出:白坂英晃(はらぺこペンギン!)
  • ヒラノショウダイ、レインボー、御茶ノ水男子、ボーイフレンド、光永、村潤之介(てのりタイガー)、市川刺身(そいつどいつ) 、ゴールドバーグ、世間知らズ、山田裕磨(いまさらジャンプ)、兵藤天貴(天龍)、まんぷくユナイテッド

    ※7/7のみ西本たける(ゴールドバーグ)の代わりに、村田翔平(全自動サーカス)が出演いたします。
  • 「今、見えているものが全て本物とは限らない」
    ネオ・チャイナシティ自治区第11番地の果てにある人工島「シンシージェ」。
    世界中を襲った「グランド=ペルジュ」の難を逃れた少数の人間はこの島に移民し、以後、偉大なるマザーコンピューター「ムーチン」の徹底した管理による再興を目指した。絶望から希望を。人々は二度と同じ過ちを繰り返さないと心に決めた。
    あれから10年が経ち、島民は11年目の朝を迎えた。
    シンシージェの街は繁栄し、人々の生活には笑顔が戻った。汚染された地球の中にあって、唯一正常な空気を生み出すこの島はいつしか「楽園」と呼ばれるようになった。
    だが、彼は感じ始めていた。「何かがおかしい」。
    ある日、島で起こる事件。捜査に向かう途中、彼は彼自身の異変に気付く。そして、彼の前に現れたのは「レジスタンス」と名乗る少年と少女だった。

    これは今から遠い未来を舞台にした、「過去」と戦う11人のレジスタンスの物語。
  • 前売2,500円/当日3,000円
  • 開演 6日(金) 7日(土) 8日(日)
    14:00
    18:00
    19:00

ドロップキック!

  • 7月19日(木)~7月22日(日)
  • 脚本:浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)
    演出:浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)
  • ゆったり感、シンガリ、タモンズ、THE GREATEST HITS、サンシャイン、衝撃デリバリー、マリリン
  • プロレス…プロレスとは、リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツのことである。(ウィキペディア)

    しがない中年サラリーマンの近藤は、仕事帰りに観に行ったプロレス会場で、偶然、大学時代の友人と出会う。
    十年ぶりの再会に驚いたり喜んだりしながら試合を観戦し、その帰り道、立ち寄った居酒屋で、久々に学生の頃のようにプロレスやら昔の馬鹿話で盛り上がり、その流れで、大学の頃やっていた学生プロレスを、もう一度やらないか、と誘われ、思わず「絶対やろうぜ!」と答えるも、近藤は、本気にはしていなかった。

    『だって、んなこと出来るわけねえだろ… もう、学生じゃねえんだからさ…』

    一抹の寂しさを感じつつ別れたその翌日、玄関を開けると、目の前に、タイツを着たあいつが立っていた。

    「さあ、プロレスをやろう!あの時の続きを、もう一度」

    夢なんか、もう見れないと思っていた。
    もう二度と、ドロップキックなんか放てないと思っていた。けど…
    贅肉のだぶついた中年サラリーマン達は、果たして華麗に空を飛べるのか?
    プロレス技を、全て体で受け切れるのか?

    「立って来い!俺のドロップキックきっちり食らって、それでも立って、俺にぶつかってこい!」

    馬鹿馬鹿しくも愛おしい、プロレスを愛する、馬鹿な男達の物語。
  • 前売3,500円/当日4,000円
  • 開演 19日(木) 20日(金) 21日(土) 22日(日)
    14:00
    17:00
    19:00

マジコトノハ。

  • 7月26日(木)~7月28日(土)
  • 追加出演者...エンドウコウキ、ロードスター、坂元亮哉(ブギウギ)、鳥山大介、ギンヤンマ、矢澤祐太(モリス)

  • 脚本:丸山智子
    演出:足立拓也(マシンガンデニーロ)
  • 俵山峻(スクールゾーン)、ひら林みえ、エンドウコウキ、ロードスター、坂元亮哉(ブギウギ)、鳥山大介、ギンヤンマ、矢澤祐太(モリス) 他
  • 腹話術を披露しながら各地を転々とする直哉。
    シャイで口下手な直哉にとって人形のキヨシは片時も離れられない相棒。人との会話もキヨシを介して行われている。
    そんな直哉の前に一人の女性が現れる。
    恋をした直哉が苦しい胸の内をキヨシに打ち明けると、キヨシが突然……。
    マジ(南風)吹く夏の季節、直哉は好きな人に自分のコトノハを伝えることができるのか。
  • 前売2,500円/当日3,000円
  • 開演 26日(木) 27日(金) 28日(土)
    14:00
    17:00
    19:00
  • 1