• トップ
  • 神保町花月とは?
  • チケット購入方法
  • 劇場案内
  • 本公演
  • 神保町花月バラエティライブ
  • ゲキノビ!
  • 神保町花月10周年
  • 楽屋裏ブログ
  • お問合わせ
  • スタッフ募集
twitter

ドロップキック!

  • 7月19日(木)~7月22日(日)
  • 脚本:浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)
    演出:浅野泰徳(ジャングルベル・シアター)
  • ゆったり感、シンガリ、タモンズ、THE GREATEST HITS、サンシャイン、衝撃デリバリー、マリリン
  • プロレス…プロレスとは、リング上で主に観客へ見せることを目的とした攻防を展開する、格闘技を基本としたスポーツのことである。(ウィキペディア)

    しがない中年サラリーマンの近藤は、仕事帰りに観に行ったプロレス会場で、偶然、大学時代の友人と出会う。
    十年ぶりの再会に驚いたり喜んだりしながら試合を観戦し、その帰り道、立ち寄った居酒屋で、久々に学生の頃のようにプロレスやら昔の馬鹿話で盛り上がり、その流れで、大学の頃やっていた学生プロレスを、もう一度やらないか、と誘われ、思わず「絶対やろうぜ!」と答えるも、近藤は、本気にはしていなかった。

    『だって、んなこと出来るわけねえだろ… もう、学生じゃねえんだからさ…』

    一抹の寂しさを感じつつ別れたその翌日、玄関を開けると、目の前に、タイツを着たあいつが立っていた。

    「さあ、プロレスをやろう!あの時の続きを、もう一度」

    夢なんか、もう見れないと思っていた。
    もう二度と、ドロップキックなんか放てないと思っていた。けど…
    贅肉のだぶついた中年サラリーマン達は、果たして華麗に空を飛べるのか?
    プロレス技を、全て体で受け切れるのか?

    「立って来い!俺のドロップキックきっちり食らって、それでも立って、俺にぶつかってこい!」

    馬鹿馬鹿しくも愛おしい、プロレスを愛する、馬鹿な男達の物語。
  • 前売3,500円/当日4,000円
  • 開演 19日(木) 20日(金) 21日(土) 22日(日)
    14:00
    17:00
    19:00
よしもと若手祭り2018