劇場

吉本興業の歴史は1912(明治45)年、創業者である吉本吉兵衛・せい夫婦が、
天満八軒のひとつである「第二文芸館」を入手、寄席経営の第一歩を踏み出したことから始まります。
以降、よしもとにとって劇場は、お笑いを発信するホームグラウンドというべき重要な場所となっています。
だからこそ、お客さまを前に繰り広げる生のお笑いは、よしもとの笑いの原点となります。
芸人たちの真の実力が試されるのは、やはり舞台の上であり、
そこで芸を磨いた芸人たちが、テレビやイベントなど様々な分野で実力を発揮する。
そんな好循環がよしもと芸人の面白さの秘密だと言えるでしょう。
現在、吉本興業は東京、大阪、京都、千葉、埼玉、静岡、小倉、沖縄で12つの劇場を運営。連日、人気芸人たちが漫才、落語、
新喜劇、アイドルライブなど多彩なエンタテインメントを披露し、多くのお客さまに楽しんでいただいています。

大阪 京都 東京 千葉 埼玉 静岡 沖縄
このページのTOPへ