スクール

われわれにとって、タレントは大切な“資産”。
次世代のエンターテイメント界を担う才能を発掘し、育てることは未来への投資となります。
その足掛かりとして、1982年に「ニュー・スター・クリエイション(NSC)」を開校。
ここから、ダウンタウンやナインティナインなど、数多くのスターが羽ばたいていきました。
現在、NSC大阪とNSC東京の2校で多くの生徒たちが、未来のスターを目指して学んでいます。

一方、多チャンネル時代で多様なコンテンツ制作が求められる中、スタッフの育成も重要な課題となっています。
そこで2008年度には、NSCに続き、スタッフ養成を目的とした姉妹校「よしもとクリエイティブカレッジ」を開校。
良いスタッフを育成することは、タレントの才能開花を助け、質の高いエンタテインメントを創出することにもつながります。

また、東京、大阪に続き、2011年沖縄に「よしもと沖縄エンターテイメントカレッジ」を開校。
芸能・エンターテイメントの島である沖縄の地から新たな人材を発掘していきます。

さらに、子どもの元気と未来を育てるために笑って、楽しめて、学べる学校=「笑学校」をつくりました。
教育目標「あかるく元気な子をそだてる。」をモットーに、さまざまな「その道のプロ」の先生が、
優れた「教育」と一緒になってアイデアを出しあい、子どもが笑顔になって学べる環境をつくります。

このページのTOPへ