よしもと堂書店 トップ»ヨシモトブックス新着»そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る

そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る

そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る

そこのけそこのけ仁鶴の女房が通る

岡本隆子・著
2013年1月25日発売
四六変形判ハードカバー
304ページ
定価1680円(税込)

amazon.co.jpで買う

内容紹介

毒舌を吐かせると日本一

笑福亭仁鶴の妻・たか子姫が、夫を、身のまわりの日常を、日本を、縦横無尽に切りまくる。

壱岐での少女時代、舞台俳優を目指した短大時代、仁鶴との出会い、週6本レギュラーを抱えていたタレント時代――。

その半生と仁鶴との日々を綴る、日本一痛快なエッセイ。

日本一に格上げしてやるワ……と、朝一番、猫のごはん、犬のごはんなど、忙しく立ち働く私に、我が家のオットドウシタさんが言う。
オットドウシタさんとは、我が連れ合いのこと。(中略)
そのオットドウシタが言うには、毒舌を吐かせると私は日本一だそうである。
特に他人様の悪口を言わせたら、右に出るものはひとりも居ないとまで断言する。
断言されても、当の私には悪口を言っている気は全然ない。
見たまま感じたままを、率直に口にしているだけである。
鋭利な審美眼、純粋な感性とほめてもらいたいぐらいなのだが……。(本文より)

【目次】
プロローグ
第1部 転校生は救世主
第2部 青春の誓い、天の声に敗れる
第3部 我が家のオットドウシタさん