桂三枝論

桂三枝論

桂三枝論

やまだりよこ・著
2012年7月16日発売
四六判ハードカバー/317ページ
定価1800円(税込)

amazon.co.jpで買う

内容紹介

「ヤンタン」から第一線を走り続け、約230もの創作落語、奇跡の繁昌亭を生んだスター落語家。

テレビやラジオの番組関係者、東西の落語家、幼なじみなど数十人に及ぶ証言と数々の資料や文献から、 桂三枝の46年の歴史を、 気鋭の演芸ジャーナリストやまだりよこが丹念に解き明かす。

桂三枝が69回目の誕生日を迎え、六代桂文枝を襲名する2012年7月16日に発売! !

○第一章 便所場の電球 さびしがりやの夢
○第二章 サニーへの一本道 深夜ラジオで輝いて
○第三章 窓辺のマーガレットの如く お茶の間という晴舞台
○第四章 探し求めたグッ! な落語道 「創作」が僕の世界
○第五章 寄席へいらっしゃい 上方落語の未来に遺すもの
○終章 不思議ななあ落語家人生 三枝のその先へ、六代文枝襲名
○付録 桂三枝年譜

「真心サービスおじんタクシー」「ゴルフ夜明け前」「大阪レジスタンス」「鯛」「妻の旅行」「宿題」……創作落語50選のあらすじ・解説、全リストも掲載