よしもと堂書店 トップ»新着»大陸俳優 中国に愛された男

大陸俳優 中国に愛された男

大陸俳優 中国に愛された男

大陸俳優 中国に愛された男

矢野浩二・著 
2011年9月30日発売
四六判ソフトカバー272p 
定価1400円(税込)
発行:ヨシモトブックス 発売:株式会社ワニブックス

amazon.comで買う

内容紹介

“世界が尊敬する日本人100人”に選出。NHK、「AERA」他で話題の 「中国で最も有名な日本人」による、初の自伝。嫌中、親中を超えて語られる、生身の「中国」。

中国を愛し、嫌い、憎しむ、すべての人たちへ―。

中国でテレビ・映画俳優として、さらにはバラエティ番組の司会として広く人気を獲得し、いまや「中国で最も有名な日本人」といわれる矢野浩二。
彼は、森田健作の付き人としての8年間にわたる修業時代を経て、何のつてもコネもないまま30歳を目前にして単身中国へ渡る。

自ら切り開くしかない境地、そして根強い反日感情……。悪戦苦闘しながら、彼はかつての戦争時代の日本軍人役を演じることで徐々に頭角を現していく。しかし、中国で年間何百本と作られるこういったドラマ・映画は、反日感情が前面に押し出されたもの。残虐非道な日本軍人役を演じる彼には、いつしか「鬼子役者」というあだ名がつけられていく……。

ようやく築いたその地位を捨て去り、彼が得たものは何か。
中国のテレビ界、映画界とはどういった世界なのか。
嫌中、親中を超えて、自ら身を投じた者にしかわからない、本当の中国と中国人が生き生きと描かれる。

【矢野浩二プロフィール】
1970年、東大阪市生まれ。森田健作氏(現・千葉県知事)の付き人を経て、30歳を目前にした2000年に単身中国・北京へ渡る。その後日本軍人役として数多くのドラマに出演し、08年より中国で最高視聴率を誇り、2億5000万人の視聴者を持つバラエティー番組「天天向上」にもレギュラー出演。「中国でもっとも有名な日本人」といわれるようになる。
「ニューズウィーク日本版」(07年10月17日号)“世界が尊敬する日本人100人”にも選出され、上海万博PR番組のメイン司会も務めた。一連の活躍の様子は、NHKドキュメンタリー「ファースト・ジャパニーズ」(07年)、WOWOW「クエスト~探究者たち」(08年)、毎日放送「せやねん!」(08年)、BSフジ「Live!プライムニュース」(’10年)、NHK-BS「地球アゴラ」(’10年)、雑誌AERA「現代の肖像」(’11年)などで日本でも広く紹介されている。